日々充電をしているのにバッテリーの持続時間が短い

カテゴリー:計器操作方法関連

バッテリーは1日の使用が終了したら満充電になるまで充電してください。
また、充電時は計器の電源を切った状態で充電してください。
充電時間が不十分であったり、数日間充電することなく使用したりした場合はバッテリーの持続時間が短くなります。
また、連続して多くの測定を実施するような場合もバッテリー容量を早く使い切ってしまうため、使用できる時間は短くなります。

満充電にもかかわらず、1日20~30点程度の測定しかできない場合はバッテリーの性能が低下している可能性があります。
弊社へご連絡下さい。

計器操作方法関連 一覧に戻る