製品紹介

届出不要の新型石炭密度計

FT-107C
FT-201C

石炭の実地棚卸に必須の嵩密度計

石炭用密度計はRI(ラジオアイソトープ)のガンマ線を利用して、貯炭場にストックされている石炭の密度を測定する計器です。使用前に予め供試体を作成し、校正することにより、測定後直ちに石炭密度(t/m3)が計算され、日付、場所、測定番号等のデータと共に記録されます。また、同時に電子データとして記録します。記録されたデータはUSBメモリーに転送することができます。

石炭用密度計は2タイプを用意しています。表面から30cmまでの敷炭密度を測定するFT-107Cと、自然積貯炭山の表面から1~3mの現位置の密度を測定するFT-201Cがあります。107Cおよび201Cは微弱な強度の線源を使用しているため、届出が不要になりました。また、FT-201Cではハンディタイプの新型スケーラーを採用し、プローブとスケーラー間を無線化することによりケーブルレスを実現。重量負担を軽減し、使い勝手を大幅に向上させました。

棚卸計測
FT-107C FT-201C

仕様 - FT-107C

測定方式 ガンマ線透過型
測定範囲 0.80 ~ 1.30 kg/cm3
検出器 シンチレーションカウンター
使用線源 Ba-133 1.0MBq
測定時間 標準体測定 10分又は5分
現場測定 1分
線源深さ 15・20・25cm(線源から計器設置面までの距離)
電源 外部 AC100V
内部 内臓バッテリー DC6V/9Ah 充電回路内蔵  10時間連続使用
演算回路 湿潤密度,動作確認
寸法/重量 計器本体 W350×D210×H210mm (重量:10.1kg)
標準体 W390×D280×H320mm (重量:5.5kg)
収納トランク W496×D457×H492mm

仕様 - FT-201C

測定方式 ガンマ線後方散乱型
測定範囲 0.80 ~ 1.30 kg/cm3
検出器 シンチレーションカウンター
使用線源 Ba-133 1.0MBq
測定時間 標準体測定 10分
現場測定 1分
線源深さ 線源深さ 1~3m (線源から表面までの距離)
電源 スケーラ 内臓バッテリー 連続8時間使用可能
無線通信機 単2充電池 4本 連続8時間使用可能
寸法 スケーラ W230×D130×H40mm (重量:1.0kg)
測定プローブ Φ43×1175mm (重量:7.0kg)
挿入ロッド Φ43×980mm (重量:3.0kg)
無線通信機 Φ40×800mm (重量:1.0kg)
一覧に戻る