実地棚卸計測

嵩密度と体積を測定し、実地棚卸計測を実施

嵩密度計と3Dレーザースキャナーを利用して、貯炭場に積まれている石炭や木質ペレットなどの実地棚卸計測を実施しています。
屋内外に積まれた原料の山は、通常重量(トン数)で管理されています。しかし、実地で棚卸を行う場合、大きな山となっている原料すべての重量を直接量ることは現実的ではありません。重量は嵩密度×体積として計算できますので、当社では嵩密度と体積をそれぞれ測定することで実地棚卸計測サービスを実施しています。
石炭と木質ペレット以外の材料でも実施可能な場合がありますのでご相談ください。

実施できないもの:
金属スクラップなどの材料形状や大きさが大きくバラバラなもの、粉体などの粒子が細かいもの
計測・観測