REGMOS

GNSS火山変動リモート観測装置

REGMOS(Remote GNSS Monitoring System)

GNSS火山変動リモート観測装置REGMOSは火山活動による地殻変動の観測を無人で行うために開発されました。国土地理院の管轄の元、平成10年に初号機が岩手山に設置され観測を開始して以来、これまでに様々な火山で稼働しています。国土地理院へ自動転送される観測データは日々解析が行われ、火山の噴火予知などに利用されています。平成11年には「第一回建設技術開発賞」の奨励賞を受賞しました。また、REGMOSの名称は、商標登録(第4506831号)されています。

REGMOSは山の頂上付近など、電源線や通信インフラが整っていない箇所でも単独で稼働して地殻変動の観測を行います。山頂などの厳しい環境下でも24時間安定した連続観測を実現しています。

平成20年には筺体設計や内部システムの全面改良を行い、オクトフレーム型のハイブリッドバージョンとして「REGMOS‐H」を導入しました。これにより蓄電容量および観測可能なデータ容量を増やし、高速データ衛星通信に対応したことで、GNSSデータ以外にも静止画像や各種センサーデータの取得も可能となり、リモート観測の内容を充実させました。
REGMOS‐H

また、火山や地震などの災害により通信インフラに障害が起きたような場合でも即座に設置・観測が行えるように、ペンタフレームを採用した組立可搬型の「REGMOS‐mini」も開発しています。

「REGMOS‐mini」はワンボックスカー1台で運搬可能で、短時間で組み立てられるように設計されています。東日本大震災後には緊急臨時観測用として、宮城県の牡鹿半島及び福島県の南相馬で使用されました。また2015年の口永良部島の噴火の際も現地へ即座に持ち込み、GNSS観測が実施されました。
REGMOS‐mini

REGMOSシリーズ

REGMOS®-ⅠREGMOS®-Ⅰ
REGMOS®-ⅡREGMOS®-Ⅱ
REGMOS®-ⅢREGMOS®-Ⅲ
REGMOS®-ⅣREGMOS®-Ⅳ
計測・観測