製品紹介

穴あけ不要の水分密度計

FT-301

土以外にもRCCPやアスファルト舗装などの密度測定も可能

FT-301は散乱型の水分密度計です。FT-102と同様に、RI(ラジオアイソトープ)を用いて土の水分・密度を測定します。FT-301は測定対象物に穴をあける必要がなく、計器を地面に設置するだけで測定が可能です。
また、供試体を作成し計器を校正することにより、転圧コンクリート舗装(RCCP)やアスファルト舗装等の品質管理にも適用可能です。

FT-301FT-301仕様風景

FT-301の特長

  1. 測定対象物を完全非破壊で測定可能です。
  2. FT-102同様、1分で乾燥密度・含水比などを表示します。
  3. 統計計算機能も装備しています。

FT-301は標準タイプと英語表記のEタイプがあります。

構造
FT-301本体

仕様

名称 散乱型RI水分・密度計
測定方式 密度 ガンマ線後方散乱型
水分 速中性子後方散乱型
測定範囲 湿潤密度 1.200~2.500 t/m3
水分密度 0.050~0.800 t/m3
含水比 2.0~300.0 %
測定時間 標準体 5分
現場 1分
線源 ガンマ線源 Co-60 2.59MBq
中性子線源 Cf-252 1.11MBq
検出器 ガンマ線源 シンチレーションカウンター
中性子線源 He3管
電源 内部電源 内蔵バッテリ DC6V 8AH 充電器内蔵
外部電源 AC100V 外部電源でも計器使用可能
印字 プリンタ内臓
使用温度 0~45℃
使用時間 8時間(現場測定印字回数:100回程度)
  • 現場測定印字回数が100 回を超えると上記時間は保証されません。
演算回路 湿潤密度,水分密度,乾燥密度,含水比
空気間隙率,締固度,飽和度,平均値,動作検定
寸法 / 重量 本体 W350×D210×H220mm / 21kg
線源棒収納器 W500×D500×H590mm / 38kg
計器収納トランク W500×D600×H400mm / 10kg

102、301、107比較

     
型式 FT-102シリーズ FT-301 FT-107
測定器の種類 水分密度計 水分密度計 密度計
測定方式 透過型 散乱型 透過型・散乱型
(任意に選択可)
測定深さ 30cm 20cm程度 0.5.10.15.20cm選択
放射線源強度
半減期
Co-60
1.11 Mbq
5.2年
Cf-252
2.59 Mbq
2.6年
Ba-133
1.0 Mbq
10.5年
法規制
輸送の規制
使用の届出 不要
主な演算 湿潤密度、水分量、乾燥密度、締固め度、空気間隙率など 湿潤密度、基準密度の締固め度など
USBデータ保存 一部の機種で対応不可 可能
バックライト 一部の機種で対応不可 可能
認定機関 K・N型:NEXCO認定器
Z・V型は国土交通省仕様準拠
国土交通省仕様準拠型 NETIS登録(KK-140021-A)
一覧に戻る