03-6303-2664(東京) 072-965-4188(大阪)
  • アクセスマップ
  • 採用情報
  • 論文発表
  • 法律について
  • English

Staff-i 一等・一級水準測量の標尺鉛直センサー

一級水準測量に必須の鉛直センサ標尺手と機械手の相互確認ヒューマンエラーによる観測ミス防止!

Staff-iは、一級水準測量での厳しい精度管理をサポートするために開発された標尺の鉛直度を検知するセンサーです。国土地理院との共同特許(第3594118号)を取得しています。
標尺の鉛直度は付属の水準器が絶対の基準となるため、Staff-iは水準器の傾きとリンクするようにキャリブレーションを行います。これにより標尺の鉛直度とLEDランプが連動するため、標尺手と機械手の相互でLEDランプの点灯状況によって標尺の鉛直状態を確認することができるようになります。相互のコミュニケーションをLEDランプで「視える化」することにより観測ミスを減らすことができます。
取り付けは標尺上部に付属しているネジを利用してセンサーの土台を固定します。穴あけ等の追加工は不要のため、高価な標尺を傷つけることなく使用することができます。

ヒューマンエラーを排除

Staff-iは、鉛直に対して±0.15°がLEDランプの点灯範囲となっています。LEDランプの点灯により機械手へ鉛直状態を知らせることができるので、点灯を確認して標尺目盛りを読み取ることで、ヒューマンエラーによる観測ミスを事前に防止することができます。

※LEDランプを点灯させ続けるには鉛直±0.15°の範囲内で保持し続ける必要があり、大変シビアです。標尺手の方は「じっと静止して標尺を保持するよう心掛けていただくこと」がLEDランプを点灯させ続けるコツとなります。

センサの仕様

点灯範囲 鉛直±0.15°
電源 充電式ニッケル水素電池(単3形)×2本
連続使用可能時間 約10時間(使用環境により異なります)
耐衝撃性 20G、100Hz以下

※本製品は防水構造ではありません。また、精密機器ですのでお取り扱いには十分ご注意ください
注意事項もご確認ください

フィールドテックからのお知らせ

表示付認証機器の販売・賃貸および使用について

RI(放射線同位元素)装備機器を使用する際の資格や届出について掲載しています。

表示付認証機器の販売・賃貸および使用について

RI計器の取り扱いについて

RI計器の取り扱い時における注意点と、RI計器の運搬に関するお願いを掲載しています。

RI計器の取り扱いについて

FT-801専用試薬の取扱について

FT-801で使用する専用試薬の保管および使用上の注意について掲載しています。

FT-801専用試薬の取扱について

論文発表

レンタル製品

株式会社フィールドテック
Copyrights(c) FIELDTECH CO.,LTD  All Rights Reserved.