03-6303-2664(東京) 072-965-4188(大阪)
  • アクセスマップ
  • 採用情報
  • 論文発表
  • 法律について
  • English

計測事業について

RI計器による間隙測定業務

間隙測定用のRI計器を使用することで、調査位置に穴をあける必要は無く、非破壊で隙間を計測することができます。
計測に使用するRI計器はガンマ線を利用するタイプと中性子を利用するタイプの2種類あり、鋼板の厚みと間隙の範囲に応じて使い分けます。

各位置の測定結果
等高線図
●ガンマ線を利用するFT-303
●中性子を利用するFT-528M

間隙が15mm以内の場合

ガンマ線を利用したFT-303を使います。
計測精度は鋼板の厚みが9mmの場合、1分間の測定時間として、±0.3mm(1σ)です。

間隙が15mm以上の場合

中性子を利用したFT-528Mを使います。
計測精度は鋼板の厚みが45mmの場合、1分間の測定時間として、±6mm(1σ)です。

間隙測定サービスのお問い合わせはこちらまで。

本社:072-965-4188 東京:03-6303-2664

計測業務一覧に戻る

フィールドテックからのお知らせ

表示付認証機器の販売・賃貸および使用について

RI(放射線同位元素)装備機器を使用する際の資格や届出について掲載しています。

表示付認証機器の販売・賃貸および使用について

RI計器の取り扱いについて

RI計器の取り扱い時における注意点と、RI計器の運搬に関するお願いを掲載しています。

RI計器の取り扱いについて

FT-801専用試薬の取扱について

FT-801で使用する専用試薬の保管および使用上の注意について掲載しています。

FT-801専用試薬の取扱について

論文発表

レンタル製品

株式会社フィールドテック
Copyrights(c) FIELDTECH CO.,LTD  All Rights Reserved.